MRT浜松でアトピー性皮膚炎のため仙骨無痛療法を受ける

体験談

2023/12/13

若い女性9
性別

女性

年齢

22歳

アトピー性皮膚炎 精神


自分の精神に原因があると気付く


MRT浜松で仙骨無痛療法を受けていた友人から本を見せてもらって興味を持ち、2回目の痔の手術を受けて退院した2週間後からMRT浜松に通い始めました。

その頃の状態は、身体が重く、いつも横になって過ごしていました。さらに幼い頃からあるアトピー性皮膚炎の症状も、薬を使い続けているにも関わらず、良くなるどころか悪化の一途をたどっていました。

MRTで仙骨無痛療法を受けると、とにかく眠くていつも寝ていたように思います。こんなになることが不思議です。しかしそんな私の姿を見た家族から怠けているように思われ、顔を合わす度に文句を言われていたので、心の休まるところはありませんでした。

MRTに通い始めて3ヵ月を過ぎたくらいから、精神的な逆行が出て、忘れていた昔の出来事が思い出されて、耐えられない気持ちになりました。そして、それらが今の自分に影響しているのだろうかなどといろいろ考えるようになってきたのです。そうしながらも逆行で皮膚が腫れたり、ボロボロと剥がれ落ちていき、仙骨無痛療法により今まで薬で抑えてきたものが、抑えていた感情と一緒に剝がれて行くような気がしました。一般的にアトピー性皮膚炎とは食べ物やハウスダストなど外からの影響でなるものだと思っていましたが、自分の気持ち次第で症状が良くなったり悪くなったりするので、本当は自分の中で作り出している現象なのだと気付きました。 今でも痒みで眠れないことがありますが、前のように落ち込んだりすることはなくなってきて、きっと何か理解できてないことがあるから、身体が教えてくれているんだな、と思えるようになってきました。    


感情で捉えるのでなく、理解する


ある日、家族から「何もしないでゴロゴロして、身体中ボリボリ掻いてないでもっとちゃんとしなさい!」と言われました。「私だって普通に生活したい、でも身体がついていかないんだから仕方ないじゃん!」と心の中で叫んでいましたが、言葉が出ず涙があふれ出てきました。頭で思うより先に身体が反応したようで、これがこのときの私の素直な気持ちだったと思います。MRT浜松の先生にそのことを話すと「中真の芽が出て来たのだから、その芽を摘み取ってしまわないようにしてください。真剣に話をすればご家族もわかってくれるはずですよ」と言ってくださいました。そして自分でもそうしようと思った途端、気持ちがスッと楽になって家族と向き合うのも怖くなくなり、最近では家族も何も言わなくなりました。

MRTに出会って体験した人間関係、精神的な変化によって全てにおいて前向きに考えられるようになりました。今はまだ理解するということが少しわかりかけたところですので、これからは物事に対して「理解している」と自信を持って言える自分になりたいです。


  ※体験談は個人の感想であり、仙骨治良による効果を説明するものではありません。

こちらの体験談は、MRT仙骨無痛療法(MRT浜松)に通われて、その病気の原因に気付け、心身共に元気になられた、という内容です。

こちらの体験談をお読み頂きまして、仙骨が如何に大事な骨であるか、仙骨の動きを高めると自由自在になれることを感じて頂けたと思います。

MRT浜松に来訪されている方には、MRT仙骨瞬間無痛良法を受けられて、このような体験をされた方は数多くいらっしゃいます。

MRT仙骨無痛療法は、単なる病気症状を改善することだけが目的ではなく、ご自身の中にある『中真感覚(中真観覚)』を発露し、自由自在な人生を送っていくことができるのです。

MRT仙骨瞬間無痛良法は、微弱な磁気によって『仙骨』の変位を読み取り専用のMRTテーブルで瞬間・無痛に調整します。1981年の創設以来、全国12ヵ所のMRTオフィスで延べ400万人以上の実績があります。

徳間書店から、MRTの創始者 内海康満先生(師尚)の御著書が出版されています。全国書店、アマゾン、MRT浜松にて購入できます。

MRT浜松ホームページのトップページをご覧ください。MRT浜松は、JR浜松駅南口から徒歩1分に位置しています。

ぜひ、MRT浜松にお越しください。(静岡県浜松市中央区砂山町325-10新日本ビル3F)お気軽にお問い合わせください。お電話(053-452-1155)または、オンラインで予約できます。